Admin権限

役割&権限機能のナビゲーションを表示するには適切な権限が必要です。

詳細については、ロールを管理を参照してください。

このページの特定の情報をすばやく検索するには、コンピューターのキーボードでCtrl+Fを押します。表示されるテキストボックスに、探している情報を入力します。

一般権限

外部事業単位

ユーザーがACDアプリケーションのビジネスユニットのページを表示または編集できるようにします。

パスワードポリシー

ユーザーがログイン認証コード機能で使用されるパスワードポリシーを表示または編集できるようにします。

ロール管理

ユーザーがユーザー役割で以下のことをできるようにします。

  • 表示する:ユーザーはメニューから機能ページを表示してナビゲートし、ページのコンテンツを表示できます。これは、より高いレベルの権限に含まれる可能性がある基本的な権限です。

  • 検索:ユーザーは、利用可能な場合は、リストページで検索機能を表示して使用できます。

  • 作成:ユーザーは、機能またはページの新しいエントリを作成できます。

  • 編集:ユーザーは、機能またはページの既存のエントリを編集できます。

  • 非アクティブ化:ユーザーは、不要になった機能またはページのエントリを非アクティブ化できます。必要であれば、再び起動させることもできます。

スケジューリングユニット

ユーザーがユニットのスケジューリングで以下のことをできるようにします。

  • 表示する:ユーザーはメニューから機能ページを表示してナビゲートし、ページのコンテンツを表示できます。これは、より高いレベルの権限に含まれる可能性がある基本的な権限です。

  • 編集:ユーザーは、機能またはページの既存のエントリを編集できます。

  • 作成:ユーザーは、機能またはページの新しいエントリを作成できます。

  • 削除:ユーザーは、不要になった機能またはページのエントリを削除できます。

この権限は、組織がCXoneCXone WFMを使用している場合にのみ表示されます。

マイスケジューリングユニットを表示できる

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすることで、ユーザーが所属するスケジューリングユニットのスケジュールを表示できるようにします。この権限は通常、エージェントに使用されます。この権限は、組織がCXoneCXone WFMを使用している場合にのみ表示されます。

WEMスキル

ユーザーがWEMスキルで次のことをできるようにします。

  • 表示

  • 編集

  • 作成

  • 削除

この権限は、組織がCXoneCXone WFMを使用している場合にのみ表示されます。

マイWEMスキル

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすることでユーザーが自分のWEMスキルを表示できるようになります。この権限は通常、エージェントに使用されます。この権限は、組織がCXoneCXone WFMを使用している場合にのみ表示されます。

クライアント情報を表示できる

ユーザーがのユーザー名の横にあるドロップダウンからマイプロファイルCXoneを選択したときに表示される内容を制御します。この権限はオンにもオフにもできます。権限がオンに設定されている場合、ユーザーは自分のユーザー名とアカウント情報を表示できます。

従業員

ユーザーが従業員で次のことをできるようにします。

  • 表示する:ユーザーはメニューから機能ページを表示してナビゲートし、ページのコンテンツを表示できます。これは、より高いレベルの権限に含まれる可能性がある基本的な権限です。

  • 編集:ユーザーは、機能またはページの既存のエントリを編集できます。

  • 作成:ユーザーは、機能またはページの新しいエントリを作成できます。

  • 削除:ユーザーは、不要になった機能またはページのエントリを削除できます。

  • 招待: 従業員リストの招待ボタンを有効にします。ユーザーはこのボタンをクリックして、新入社員にメールを送信し、アカウント設定を完了するように招待できます。

  • インポート: 従業員リストの従業員のインポートボタンを有効にします。ユーザーはこのボタンをクリックして、コンマ区切り値(CSV)ファイルを使用して複数の新しい従業員をインポートできます。

ログイン認証コード

ユーザーがログイン認証コードで以下のことをできるようにします。

  • 表示

  • 検索

  • 作成

  • 編集

活動監査報告書アクセス

ユーザーがアクティビティ監査レポートのオン/オフを切り替えできるようにします。

変更監査レポートアクセス

監査レポートのユーザーアクセスを制御します。この権限はオンにもオフにもできます。

チーム

ユーザーがチームで次のことをできるようにします。

  • 表示

  • 編集

  • 作成

  • 非アクティブ化

アクセスキー

ユーザーが他の従業員のためのアクセスキーを使って以下のことをできるようにします。

  • 表示

  • 作成

  • 編集

  • 削除

マイアクセスキー

ユーザーは自分のアクセスキーで以下のことをできるようにします。

  • 表示

  • 作成

  • 編集

  • 削除

管理アカウント設定

ユーザーがCXoneアプリケーションのアカウント設定を表示または編集できるようにします。

一括アップロード

ユーザーが一括アップロード記録のオン/オフを切り替えできるようにします。

管理を表示

ユーザーがビューで次のことをできるようにします。

  • 表示

  • 作成

  • 編集

  • 削除

グループ

グループに関してユーザーができることを制御します。

  • 表示

  • 編集

  • 作成

  • 削除

グループ権限により、管理者はユーザーロールに関連付けられた特権のレベルを制御できます。すべてのカスタムロールと既定のロールには、グループ権限がデフォルトで有効になっています。

パスワードを管理できる

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすることで、ユーザーがログイン認証コードのパスワード要件を変更できるようになります。

SCIM

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすることで、Oktaのようなサードパーティのアプリケーションから従業員プロファイルの更新や非アクティブ化ができるようになります。

ユーザープロファイル

プロフィールを見る

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすると、ユーザーはマイプロファイルを閲覧できるようになります。

パスワード設定の変更を表示する

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすると、ユーザーがパスワード設定を変更できるようになります。

連絡先を表示

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすると、ユーザーはCXoneユーザーインターフェイスの上部にあるユーザー名別にドロップダウンをクリックしてお問い合わせフォームにアクセスできるようになります。

サポートとダウンロードを表示

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすると、ユーザーはCXoneユーザーインターフェイスの上部にあるユーザー名別にドロップダウンをクリックしてサポートダウンロードにアクセスできるようになります。

録音

これらの権限は、CXone Recordingを組織が使用している場合にのみ表示されます。

記録ポリシー

ユーザーがレコーディングポリシーを表示または編集できるようにします。

ビジネスデータ設定

ユーザーがビジネスデータを表示または編集できるようにします。

外部レコーディングのアップロード

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすると、 CXone AppLinkユーザーがNICE Engageから録音をアップロードできるようにします。

サードパーティのテレフォニー設定

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすることで、CXone Multi-ACD (CXone Open)ユーザーがサードパーティーテレフォニーを構成できるようにします。

階層マネジャー

この機能は制御リリース(CR)にあります。

ユーザーが階層で次のことをできるようにします。

  • 表示する:ユーザーはメニューから機能ページを表示してナビゲートし、ページのコンテンツを表示できます。これは、より高いレベルの権限に含まれる可能性がある基本的な権限です。

  • 作成:ユーザーは、機能またはページの新しいエントリを作成できます。

  • 更新: ユーザーーは機能内のエントリを更新(編集)できます。

  • 削除:ユーザーは、不要になった機能またはページのエントリを削除できます。

エンタープライズアプリケーション

これらの権限は、IEX WFM Integrated、NICE企業クラウドのIEX WFM、または統合されたQMを利用を組織が使用している場合にのみ表示されます。

エージェントのスケジュール

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすることで、MAXの自分のスケジュールページにあるWFMスケジュールのタブへのアクセスをユーザーに許可します。

システムユーザー

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすることで、統合されたQMを利用に同期されたユーザーをシステムユーザー/エージェントとして有効にします。

クラウドストレージ

これらの権限は、Cloud Storage Servicesを組織が使用している場合にのみ表示されます。

長期ファイル取得

ユーザーがファイルの回復で以下のことをできるようにします。

  • 表示する:ユーザーはメニューから機能ページを表示してナビゲートし、ページのコンテンツを表示できます。これは、より高いレベルの権限に含まれる可能性がある基本的な権限です。

  • 作成:ユーザーは、機能またはページの新しいエントリを作成できます。

  • 更新: ユーザーーは機能内のエントリを更新(編集)できます。

  • 非アクティブ化:ユーザーは、不要になった機能またはページのエントリを非アクティブ化できます。必要であれば、再び起動させることもできます。

ファイルライフサイクル管理

ユーザーがファイルの保存を表示または編集できるようにします。

ファイル検索

検索ページの検索タブへのアクセスを制御します。この権限はオンにもオフにもできます。ファイル検索を使用するにはテナントで訴訟保留機能を有効にする必要があります。検索ページでは訴訟保留を開始または終了するためのファイルを検索し、選択することができます。ディスポジションベースのTTLのディスポジションを手動で変更することもできます。

安全な外部アクセス

安全な外部アクセスのユーザーアクセスを制御します。この権限はオンにもオフにもできます。

訴訟

検索ページのRequest Trackerで以下のことができるようにします。

  • 表示する:ユーザーはメニューから機能ページを表示してナビゲートし、ページのコンテンツを表示できます。これは、より高いレベルの権限に含まれる可能性がある基本的な権限です。

  • 保留:ユーザーは保存されたファイルに保留リクエストを行うことができます。訴訟を使用するには訴訟保留機能またはディスポジションベースのTTL機能をテナントで有効にする必要があります。

  • リリース:ユーザーは保存されたファイルにリリースリクエストを出すことができます。

この権限は制御リリース(CR)の製品または機能用です。CRグループに所属しておらず、詳細情報が必要な場合は、CXoneアカウント担当者にお問い合わせください。

ディスポジション

この権限はオンにもオフにもできます。この権限をオンにすることで、ユーザーがディスポジションベースのTTLを管理できるようにします。ファイル検索を持つユーザーはディスポジションベースのTTLの目的でインタラクションに適用されたディスポジションを手動で変更することができるようにもなります。ディスポジション機能を使用するには、ディスポジションベースのTTL機能をテナントで有効にする必要があります。

この権限は制御リリース(CR)の製品または機能用です。CRグループに所属しておらず、詳細情報が必要な場合は、CXoneアカウント担当者にお問い合わせください。

クラウドデータ共有

CXoneデータ共有へのユーザーアクセスを制御します。この権限はオンにもオフにもできます。

データストリーム

データストリームへのユーザーアクセスを制御します。この権限はオンにもオフにもできます。