役割

役割は、NICE CXoneで従業員が何ができるかを定義します。最初に、1つ以上の役割を作成し、特定の権限をそれに関連付けます。次に、従業員に役割を割り当てて、従業員が必要な情報にアクセスし、必要な作業を行えるようにします。

CXoneはすぐに使える(OOTB)最大4つの役割が付属しています:エージェント、マネージャー、管理者、およびエバリュエーター(組織でCXoneCXone品質管理)。これらの役割は、権限を持つ従業員が編集できます。

変更履歴役割のタブには、その役割に対する変更の履歴が含まれています。履歴テーブルは非常に大きくなる可能性があるため、検索ツールとフィルターツールを使用して、特定のテキストまたは特定の期間に基づいてテーブルの内容を制限できます。

役割に関する重要情報

役割の命名

  • 役割名は一意で、長さが50文字以下である必要があります。役割名は大文字と小文字を区別しません(つまり、 adminそしてAdminは同じです)。役割名には、以下の特殊文字は使用できません。

    / \ + !? < > # & , % "

  • 役割が非アクティブ化されていても、以前に使用された役割名を再利用することはできません。

役割のステータス

  • 役割は、アクティブ、非アクティブ、およびドラフトの3つのステータスのいずれかに存在します。
  • 機能の観点からは、ドラフト役割と非アクティブ役割は同じ特性を共有します。ただし、ステータス名の違いは、まだ開発中の役割(ドラフト)と現在使用されていない役割(非アクティブ)の理解に役立ちます。
  • アクティブな従業員に非アクティブな役割またはドラフトの役割を割り当てることはできません。
  • アクティブな従業員に割り当てられているロールを非アクティブにすることはできません。
  • 非アクティブな従業員にのみ割り当てられているロールを非アクティブ化できます。

従業員と役割

  • すべての従業員に主要な役割を割り当てる必要があります。テナントがDigital Experienceに対して有効になっている場合、従業員に割り当てられているプライマリロールのみがDigital Experienceポータルに同期されます。
  • 役割は、従業員なし、1人、または任意の数の従業員に割り当てることができます。
  • 従業員は、1つの主な役割と最大10の二次的な役割、合計11の役割を持つことができます。これにより、従業員が必要とする特定の権限のみを割り当てることが簡単になります(「最小権限」の原則)。役割ベースのアクセス制御(RBAC)を使用して、 CXoneは、機能と特権へのアクセスを許可するかどうかを決定するときに、すべての従業員の役割からの正味の許可を考慮します。
  • 割り当て済ユーザーロール詳細のタブ。役割の詳細の割り当て済ユーザータブから、役割に割り当てられた従業員をプライマリとして表示し、追加の従業員をプライマリとして役割に割り当てることができます。このタブには、アクティブな従業員と非アクティブな従業員の両方が表示されます。副次的な役割としての役割を持つ可能性のある従業員は表示されません。

    [割り当て済ユーザー]タブからロールを従業員に割り当てると、その役割は従業員の新しい主な役割になります。二次的な役割は、従業員アカウントからのみ割り当てることができます。

  • 非アクティブな従業員を役割に割り当てることができます。たとえば、新入社員用の従業員アカウントを作成したが、実際にオリエンテーションが終了するまでアカウントをアクティブ化しない場合は、アカウントの設定時にその従業員を役割に割り当てることができます。テナントでDigital Experienceが有効になっていて、Digital Experienceポータルで追加の権限を構成する必要がある場合は、従業員がアカウントをアクティブ化するまで、それを行うことができません。
  • 最初に従業員をアクティブな役割に再割り当てしないと、非アクティブな役割が割り当てられた従業員を再アクティブ化することはできません。
  • 自分の役割を変更することはできません。

役割の権限

  • 新しい役割を作成するとき、その役割に関連付けられているデフォルトの権限はありません。時間を節約するために、既存の役割をコピーして、新しい役割のベースとして使用できます。
  • 一部の権限は他の権限に依存しており、権限をクリックして選択すると、これらの依存関係がユーザーインターフェイスに反映される場合があります。たとえば、編集権限をクリックすると、編集するには何かを表示できる必要があるため、編集と表示の両方が選択された状態で表示されることがあります。権限の依存関係は、CXoneアプリケーションそれぞれ異なります。
  • 役割に含めることができる特定の権限と特権の詳細は、各CXoneアプリケーションの権限トピックに含まれています。
  • 一部のDigital Experience権限は、そのアプリケーションに固有のポータルで管理されます。
  • 次のタイプのデータは、役割の権限によって制限されません。
    • データダウンロードレポート
    • 直接データアクセスレポート
    • API