ライフサイクル管理ルールを管理

このページはAWS内のクラウドストレージ用です。Azureクラウドストレージを使用する場合は、Cloud Storage ServicesオンラインヘルプのAzureストレージのセクションを参照してください。

必須の権限ライフサイクル管理編集

ライフサイクル管理では、 クラウドストレージに保存されたファイルの処理を決定するルールを作成することができます。

ルール作成

  1. アプリセレクターをクリックして、選択管理者
  2. クラウドストレージ> ライフサイクル管理 をクリックします。
  3. [新規ルール]をクリックします。
  4. 一般詳細セクションに、このルールの名前を入力して、その開始日メディアタイプルールの優先度を選択します。

    デジタルまたはInteraction Analyticsファイルを長期ストレージにアーカイブする場合、日付範囲の基準を使用してのみ検索することができます。それらには現在他の基準を使用して取得するためのメタデータがありません。

  5. アクティブストレージ要件の下で、このルールのアクションタイプを選択します。

  6. 選択したアクションがそれをサポートしている場合、後(日数)の値を入力して、安全な外部アクセスにコピーするかどうか選択します。
  7. 通話録音チャットトランスクリプトEメールまたは画面録画メディアタイプとして選択し、特定のファイルのみに適用するルールを絞り込む場合は、フィルター基準セクションでフィルターを作成します。ルールがコールレコーディングまたは画面録画に適用され、あなたの環境でディスポジションベースのTTL閉じた これらのインタラクションが保持される期間と削除のタイミング。インタラクションのTTL設定は定義できます。が有効になっている場合、まず標準をフィルタータイプとして選択します。

    デフォルトでは、ルールはすべてのスキル閉じた エージェントのスキル、能力、知識に基づいてインタラクションの配信を自動化するために使用されますDNIS閉じた 着信音声通話のために連絡先がダイヤルした番号と、発信音声通話でエージェントまたはシステムがダイヤルした番号を識別します。、チーム、エージェントに適用されます。

  8. あなたの環境でディスポジションベースのTTLが有効になっており、 メディアタイプコールレコーディングまたはスクリーンレコーディングで、特定のディスポジションを適用したファイルのみに適用するルールを絞り込む場合、フィルター基準セクションでフィルターを作成する。そのためには、 カスタムフィルタータイプを選択します。ドロップダウンを使用して、フィルタリングの基準にするディスポジションを選択します。

    ディスポジションベースの生存期間 (TTL)閉じた これらのインタラクションが保持される期間と削除のタイミング。インタラクションのTTL設定は定義できます。機能は、現在制御リリース(CR)中です。CRグループに所属しておらず、詳細情報が必要な場合は、CXoneアカウント担当者にお問い合わせください。

    また、ディスポジションベースのTTL機能を使用するには、ライセンスを購入する必要があります。

  9. 作成をクリックします。

ファイルの再タグ付け

再タグ付けをすれば、Cloud Storage Servicesにデフォルトのシステムルールで管理されているすべてのファイルを評価させることができます。ファイルの再タグ付けの前に、ファイルがデフォルトルールで失敗する理由を処理するためにルールを作成または修正します。

  1. アプリセレクターをクリックして、選択管理者
  2. クラウドストレージ> ライフサイクル管理をクリックします 。
  3. 画面の右上隅にある3つの縦ドットのアイコン()をクリックし、デフォルトのシステムルールファイルの処理を選択します。
  4. ポップアップメッセージで、私は上記の情報を理解していますを選択して、確認クリックします。再タグ付け処理が開始します。ファイルアクティビティタブで進行状況を確認できます。

ルールを非アクティブ化する

ルールの非アクティブ化を避けます。デフォルトルールのみが再度タグ付け可能です。ユーザーが作成したルールでタグ付けされたファイルは再タグ付けできず、無期限に非アクティブ化されたルールのライフサイクルルールに従い続けます。非アクティブ化されたルールの編集や再アクティブ化はできません。

ルールをアクティブにしておくと、将来もそのファイルのライフサイクルルールを編集できます。そのため、ルールを非アクティブ化する代わりに、優先順位を下げることを検討してください。優先順位を下げたルールの代わりに、新しいルールを作成することができます。ただし、古いルールのファイルは再タグ付けできないので、新しいルールのタグが付けられるのは新しいファイルだけです。

それでも既存のルールを非アクティブ化する場合は、以下の手順に従ってください:

  1. 非アクティブ化したいルールを置き換えるために、新規ルール)を作成します。

  2. 非アクティブ化したいスキルを開きます。ルールの優先度を最も低い優先度に変更します。更新をクリックします。

  3. 古いルールに割り当てられたすべてのファイルの処理が終了するまで待ちます。

  4. 古いルールに割り当てられたすべてのファイルのライフサイクルが完了したら、そのルールを非アクティブ化します。

    • ライフサイクル管理のページで、古いルールを探す。

    • 3つのドットを相互に重ねたオプションのアイコン。ワークスペースの右上隅にあるオプションアイコンをクリックします。

    • 非アクティブ化をクリックします。

    • 確認ウィンドウのメッセージを読み、はいをクリックします。