チーム

チームは、レポート目的で従業員を編成する方法を提供します。使用できないコード、特定の製品と機能、およびその他の設定を割り当てたり、有効にしたりすることもできます。

チームは、グループとは異なります。グループは、組織にとって意味のある方法で定義するユーザーのコレクションです。グループの例としては、請負業者やパートタイムの従業員などが含まれます。彼らはまた、元軍人や働く親などの共通点で従業員をマークすることもできます。チームは主にレポートに使用され、NICE CXoneWFO アプリケーションには影響しません。ホストされたシステムでは、グループはチームと同じである可能性がありますが、必須ではありません。

チームレコードには、次のタブに編成された情報が含まれています。

タブ

説明

一般的 チームに関する基本情報。
割り当て済ユーザー チームに割り当てられたユーザーを表示します。チームを編集して、このタブから他のユーザーをチームに割り当てたり、チームからユーザーを削除したりできます。そのためには、適切なチームとユーザーの権限が必要です。
利用不可コード このチームのユーザーがエージェントアプリケーションで使用できる利用できないコードを表示します。チームを編集して、このタブで使用できないコードを追加または削除できます。
連絡先の設定 さまざまなタイプの連絡先を処理するためのデフォルトのチーム設定を表示し、チームを編集するときにそれらの設定を変更できます。このタイプのコンテンツは、静的配信を使用するか動的配信を使用するかによって異なります。
機能 チームで有効になっている機能を表示します。チームを編集して、このタブから他の使用可能な機能を有効にすることができます。
変更履歴 チームへの変更の検索可能な履歴を提供します。

チームに関する主な事実

  • ユーザーを複数のチームに割り当てることはできません。
  • 各ユーザーをチームに割り当てる必要があります。チームからユーザーを削除しようとすると、そのユーザーを別のユーザーに追加するように求められます。
  • 同じチームにユーザーを追加する場合は、チームから一度に複数のユーザーを削除する必要があります。
  • チームリストのアクション列から、必要に応じてチームをアクティブ化および非アクティブ化できます。ユーザーが割り当てられているチームを非アクティブ化することはできません。まず、すべてのユーザーを別のアクティブなチームに移動する必要があります。ユーザーを編集する権限も持っていない場合は、チームを非アクティブ化しないでください。
  • ユーザープロファイルの設定は、チームのデフォルト設定を上書きします。チームのユーザーがチームのデフォルトとは異なる連絡先設定を持っている場合、それらのユーザーレベルの設定が適用されます。
  • チームリストのアクション列から、既存のチームを複製して、次のような同様の設定と情報を持つ別のチームをすばやく作成できます。

    • 一般設定。
    • 利用できないコード。
    • チームのプロパティ。
    • 機能。

    チームには一意の名前を付ける必要があります。ユーザーは複製されないため、個別に追加する必要があります。