長期ストレージからファイルを取得する

このページはAWS内のクラウドストレージ用です。Azureクラウドストレージを使用する場合は、Cloud Storage ServicesオンラインヘルプのAzureストレージのセクションを参照してください。

必須の権限長期ファイルの取得の編集、作成、削除

長期ストレージからファイルを取り出すには、取得ジョブ要求を作成する必要があります。ファイルの取得は、課金対象機能です。必要なファイルに対してのみ請求されるようにするには、フィルターオプションを使用して、連絡先ID、ANI閉じた 発信者IDとも呼ばれます。着信音声通話のリストされた電話番号。、またはDNIS閉じた 着信音声通話のために連絡先がダイヤルした番号と、発信音声通話でエージェントまたはシステムがダイヤルした番号を識別します。に基づいてリストを絞り込んでください。

取得したファイルは、指定された返却日までアクティブストレージに残り、適用されるすべての料金が発生します。ファイル取得の課金に関する詳細については、CXoneアカウント担当者にお問い合わせください。

チャットおよび電子メールファイルは、エージェント、チーム、スキルの各フィルターを使用して長期ストレージから取得できます。デジタルおよび Interaction Analyticsのレポートファイルは、日付範囲フィルターを使用してのみ取得できます。

CXone2020年9月以前にCloud Storage Servicesに保存された録音ファイルは、日付フィルターまたは連絡先IDを使用してのみ取得できます。それ以降に保存されたファイルについては、チームフィルターを除くすべてのフィルターを使用することができます。その他のファイルタイプについては、すべてのフィルターオプションが使用できます。

取得要求の作成

  1. アプリセレクターをクリックして、選択Admin

  2. クラウド ストレージ > 長期ファイルの取得をクリックします。

  3. 新規作成をクリックします。

  4. このリクエストのバッチ名を入力し、ファイルを取得する日付と時間範囲を選択します。
  5. バッチストレージルールの下のアクション発生日フィールドでは、取得したファイルを長期ストレージに戻す日を指定します。取得したファイルは、アクティブストレージに残る間、適用されるすべての料金が発生します。取得したファイルは、アクティブストレージに残る間、適用されるすべての料金が発生します。これらの料金は長期保存への返却日に基づいています。

    長期保存に戻るプロセスは、ゼロ時間で開始される場合があります。開始時刻はテナントのタイムゾーンに基づいています。これを回避するには、直後の日付ではなく、後の日付を使用する必要があります。

  6. ファイルの種類基準で、、取得するファイルを絞り込みます。

  7. 次へをクリックします。
  8. 入力した条件に基づいて取得要求のファイル数とサイズを確認し、ファイルの取得をクリックして要求を完了するか、下書きの保存をクリックして保存し、後でそれを利用できます。

ファイル取得要求のキャンセル

誤って送信されたファイル取得要求をキャンセルできます。キャンセルできるのは、まだ処理が開始されていない要求のみです。処理が開始された後の要求はキャンセルできません。

  1. クラウド ストレージ > 長期ファイルの取得をクリックします。
  2. キャンセルするファイル取得要求を選択します。
  3. 3つのドットを重ねたアイコン > 検索の終了をクリックします。
  4. ファイル取得要求をキャンセルすることを確認します。要求が停止します。