Studioの使用を始める

Studioは、新規ユーザーにとり過剰な可能性があります。このページでは、ユーザーがStudioを初めて使用する際に必要な情報を提供します。

初めてのユーザー

初めてのユーザーとして、以下必要です:

  • のダウンロードとインストールStudioを行います。
  • Studioログインします。

ログイン後、Studioインターフェイスのツアーを参照できます。

Studioによるスクリプト記述

Studioは、グラフィカルなインターフェースを備えており、スクリプト言語に関する最小限の知識で基本的なスクリプトを作成することができます。

本セクションは、Studioにおいてスクリプト記述の基本に対する導入部分を提供します。また、このチュートリアルに沿って、Studioで基本的なスクリプトを作成することもできます。さらに詳しい情報については、オンラインヘルプのスクリプトセクションを参照してください。

スクリプトのメディアタイプ

Studioには、さまざまなスクリプトのタイプがあります。各タイプは、CXoneでのある種のルーティングに対応しています。新しいスクリプトを作成するときは、正しいスクリプトの種類を選択する必要があります。一部のアクションは、特定のスクリプトタイプでのみ動作します。たとえば、ASR閉じた 連絡先が、話す、電話のキーを押す、またはその両方を組み合わせて、録音された音声プロンプトに応答できるようにします。-アクションは電話スクリプトでのみ機能します。Studioスクリプトタイプは次のとおりです:

ジェネリックスクリプトタイプのアイコン-内部に<および>記号が付いた長方形。 Eメールスクリプトタイプのアイコン-ひし形の大きな@記号。 チャットスクリプトタイプのアイコン-ひし形の省略記号が内側にあるチャットバブル(...)。 電話スクリプトタイプのアイコン-そこから出てくる音を示す曲線のある古いスタイルの電話受話器。 Voicemailスクリプトタイプのアイコン(カセットテープのように見える記号)は、水平線上にある2つの円です。 作業項目スクリプトタイプのアイコン-片方の角が折りたたまれ、箇条書きが記載された一枚の紙。 SMSスクリプトタイプのアイコン-チャットバブルが出ているスマートフォン。 デジタルスクリプトタイプのアイコン-スマートフォンが横にあるコンピューターモニター。
一般的 Eメール チャット 電話 ボイスメール 作業項目 SMS デジタル

アクション

Studioスクリプトの基本構成ブロックは、アクションと呼ばれます。アクションは、特定の機能性をスクリプトに追加する方法を言います。Studioには数百ものアクションがあります。オンラインのアクションのセクションは、ほとんどのアクションに関するトピックを含めるのに役立ちます。アクションを選択し、キーボードのF1を押下することにより、Studioから直接アクションのオンラインヘルプにアクセスできます。

アクションの詳細や使用方法については、アクションを使ったスクリプトの作成ページを参照してください。

ブランチ

分岐は、1つのアクションが2つ以上の可能性を持つ場合に使用されます。スクリプトをコンタクトがたどるであろう経路に分割し、組織が必要とするワークフローを作成する手助けをします。

コネクタ

コネクターは、アクションをリンクさせ、スクリプトの流れを作るためのものです。キャンバス上では、コネクターは矢印のついた細い線として表示され、2つのアクションをつなぎます。コネクターを曲げたり、カーブさせたりして、キャンバス上の他のアクションの周りに移動できます。

オーディオプロンプト

オーディオプロンプトは、多くのスクリプトの基礎の側面です。連絡先に情報を提供したり、連絡先に携帯電話で選択・入力させたりするためにスクリプトが再生する音声ファイルです。Studioでは、テキスト読み上げの使用や、スクリプトで使用する独自の音声プロンプトの録音など、プロンプトの詳細を学べます。

Snippetスクリプト言語

Snippetは、Studioのすべてのカスタムスクリプトのニーズに対応するために使用される社内スクリプト言語です。カスタムスクリプトは必須ではありませんが、組織が必要とするワークフローを実現するために、スクリプトを微調整するのに役立ちます。Snippetを使用してスクリプトをカスタマイズする必要がある場合、Snippetについて学ぶことができます。

スクリプトのテストとデバッグ

スクリプトを完成させる前に、以下のようにテストとデバッグを行う必要があります。

  • 個々の接続エラーに対して、[スクリプトエラー]タブで警告をチェックします。
  • スニペットアクションやcheck-syntaxコマンドで記述されたコードをデバッグします。
  • トレースツールで、スクリプト機能をテストします。これは、スクリプトの進行状況を追跡する2つの方法を提供します。
    • スクリプトを人為的に生成します。
    • スクリプトが起動するとインスタンスをトレースします。
  • スクリプトの機能をテストするための対話をシミュレートします。