監査レポート

これらのCXoneの事前に作成されたレポートを使用すると、複数のアプリケーションの一般的なアクティビティとプロセスに関連する情報を確認できます。これには、ユーザーの変更とアクティビティが含まれます。また、ファイルがアクティブストレージから長期ストレージに移動するなど、ファイルの状態の変化を追跡することもできます。

これらの監査レポートの管理リリース(CR)に参加している場合は、ここで今後の変更に関する情報を表示できます。

レポートのデータは1〜2時間ごとに更新されることに注意してください。

アクティビティ監査報告書

アクティビティ監査レポートには、さまざまなCXoneアプリケーションで実行されたアクションの内訳が表示されます。また、ログインやログアウトなどのユーザーアクティビティも追跡します。特定のアプリケーションまたはエンティティに基づいて結果をフィルタリングできます。

既存の値/エンティティに加えられた変更を探している場合は、変更監査レポートを参照してください。

アクティビティ監査レポートを生成するには:

  1. アプリセレクターをクリックします [レポート]を選択します。
  2. ビルド済みレポートをクリックします。

  3. リストからアクティビティ監査レポートを選択します。

  4. アクティビティ監査レポートウィンドウで、時間枠を定義します。レポートは、選択した期間のデータで実行されます。

  5. (オプション)データをフィルターに掛ける1つ以上のアプリケーションを選択します。レポートには、選択したアプリケーションにのみ関連するデータが表示されます。

  6. レポートを実行をクリックします。

    結果がグリッドに表示されます。

    右側の列のフィルタリングアイコンを使用して、グリッドに列を追加またはグリッドから削除できます。

    結果は検索可能です。

  7. レポートデータをCSV / Excelファイルにエクスポートする場合は、右上の設定をクリックして、必要なエクスポートオプションを選択します。

    レポートがエクスポートされ、コンピューターにダウンロードされます。

監査レポートの変更

変更監査レポートには、 CXone既存のエンティティまたは値に加えられた変更の詳細が表示されます。特定のアプリケーションに基づいて結果をフィルタリングできます。

変更監査レポートを生成するには:

  1. アプリセレクターをクリックします [レポート]を選択します。
  2. ビルド済みレポートをクリックします。

  3. リストから変更監査レポートを選択します。

  4. 監査レポートの変更ウィンドウで、時間枠を定義します。レポートは、選択した期間のデータで実行されます。

  5. (オプション)データをフィルターに掛ける1つ以上のアプリケーションを選択します。レポートには、選択したアプリケーションにのみ関連するデータが表示されます。

  6. レポートを実行をクリックします。

    結果がグリッドに表示されます。

    右側の列のフィルタリングアイコンを使用して、グリッドに列を追加またはグリッドから削除できます。

    属性列で特定の属性を検索できます。

  7. レポートデータをCSV / Excelファイルにエクスポートする場合は、右上の設定をクリックして、必要なエクスポートオプションを選択します。

    レポートがエクスポートされ、コンピューターにダウンロードされます。