CXone Expert

CXone Expertは、顧客と従業員が答えをすばやく簡単に見つけることができるナレッジマネジメントツールです。スタンドアロン製品として(CXone ExpertCX)、またはCXoneプラットホーム(CXone Expert EX)に統合して使用できます。CXone Expertを購入して有効にするには、CXoneアカウント担当者にお問い合わせください 。

CXone Expertの高レベルの機能は次を含みます:

  • コンテンツ管理-コンテンツの作成、整理、タグ付け、許可、およびリンクを可能にします。
  • ユーザー管理-ユーザーとそのグループを管理できます。
  • レポートと分析-使用状況データを追跡および分析して、どの記事が最も多くのビューを持ち、どの記事が作業を必要としているかを把握します。

コンテンツを使用する準備ができたら、情報のタッチポイント閉じた CXone Expertコンテンツを埋め込む場所。ウェブプロパティまたはアプリケーションに統合できます。を作成する必要があります。顧客の場合、CRM、製品内ヘルプ、IDプロバイダー、フォーラム、ケース送信フォーム、eコマース、チャットボット、ソフトウェアなど、使用するさまざまなチャネルでのアクセスを有効にできます。エージェントの場合、MAXワークスペースとスクリーンポップでアクセスを有効にできます。エージェントが起動できるようにすることができますCXone ExpertどちらからでもMAXAgent for Salesforce起動機能を使用します。Agent for Salesforce Lightning Experienceでは、VisualforceページでのCXone Expertのアクセスを有効にすることができます。

CXone Expertについての重要事項

  • CXone Expert記事は、上位数件のGoogle検索結果に表示されます。
  • CXone Expertは自然言語検索を使用します。ユーザーは、部分的な単語やスペルミスを入力しても、必要なものを見つけることができます。
  • パス機能を使用して、ガイド付き学習エクスペリエンスを作成できます。ユーザーに表示する順序でページを整理します。パスは、ハイパーリンク、ウィジェット、またはガイドタブとして埋め込むことができます。

CXoneからCXone ExpertEXを管理する

CXone ExpertCXoneを統合した場合、CXoneにログインしてサイトにアクセスできます。これを行うには、アプリセレクターアプリセレクターアイコンの画像をクリックし、その他のセクションからCXone Expertをクリックします。

CXone Expertの使用方法の詳細についてはhttps://success.mindtouch.comを参照してください。

CXone Expertを統合

CXone ExpertMAXAgent for Salesforceに統合 します。またDigital First Omnichannelと統合することもできます。これを設定するには、まずCXoneアカウント担当者に連絡して購入し、まだ行っていない場合はCXone Expertを設定します。CXone Expertを取得すると次のことが可能です:

  • CXoneMAX事業単位またはチームのワークスペースのにリンクします。指定するURLは、CXone Expertのインスタンスへのリンクです。
  • デフォルトのスクリーンポップまたはカスタム Studioスクリプトを使用して、エージェントが新しいコンタクトを開始したときに受け取る関連記事を使用してスクリーンポップを構成します。CXone Expertは対話の早い段階でコンタクト入力データに基づいて記事を提供します。スクリーンポップの設定についてサポートが必要な場合は、CXoneアカウント担当者にお問い合わせください。

  • CXone ExpertまたはMAXAgent for Salesforce起動ツールで、表示Studioアクションを使用してにリンクします。このスクリプトの設定についてサポートが必要な場合は、CXoneアカウント担当者にお問い合わせください。
  • CXone ExpertCXoneボットビルダーの間のAPI統合を利用して、Digital First Omnichannelを通じたエージェントレスエクスペリエンスを作成します。コンタクトのリクエストに関連する記事をコンタクトに送信します。統合されたボットエクスペリエンスの作成については、CXoneアカウント担当者にお問い合わせください。