設定タスク

一般的なMAXの設定の管理

1回の通話で許可される最大人数を変更したり、エージェントがコミットメントを削除できるかどうかを変更したりできます。

  1. アプリセレクターをクリックして、選択 ACD
  2. ACD設定 > ビジネスユニットに移動します。
  3. 詳細タブで、 編集をクリックします。
  4. エージェント設定セクションまで下にスクロールします。
  5. 会議当事者の最大数(エージェントを含む)を変更する必要がある場合は、ドロップダウンから数を選択します。
  6. エージェントがコールバックコミットメントを削除できるかどうか、および可能であればメモが必要かどうかを変更する場合は、コミットメントを削除フィールドを削除不可削除可能-メモ付き、または削除可能-メモなしに設定します。
  7. 完了をクリックします。

以前のMAXバージョンを有効化

管理者は、使用するMAXエージェントのバージョンを決定するためのいくつかの設定を利用できます。現在のバージョンは最新のメジャーリリースに対応し、のバージョンはその前のバージョンです。夏のリリースが最近展開された場合、現在は夏、は通常春になります。

管理者は、MAX事業単位テナント全体(現在または以前)のデフォルトバージョンを決定し、異なる閉じた テクニカルサポート、請求、およびCXone環境のグローバル設定の管理に使用される高レベルの組織グループバージョンを使用する個々のエージェントを選択するオプションがあります。このアプローチにより、管理者はデフォルトですべてのエージェントをに設定し、選択したエージェントを割り当てて現在を試すことができます。管理者は現在に満足したら、テナントのデフォルトを現在に更新できます。

管理者の便宜のため、メジャーリリースをデフォルトMAXに設定MAXして以前のリリースをメジャーのリリースMAXのエージェントのバージョンにすぐに影響するかどうかを決定します。メジャーリリースが展開されると、以前現在のマッピングが変更されます。たとえば、メジャーリリースの前に、 現在は夏になり、は春になるかもしれません。メジャーリリースでは、秋とが夏になるため、現在が再定義されます。この設定により、管理者はメジャーアップデート後も自動的にを移動してまったく同じMAXバージョンを使用し続け、選択したエージェントを割り当てて現在を試すことができます。管理者は現在に満足したら、テナントのデフォルトを現在からに更新できます。

Classicsの子会社であるHolmesEnterprisesの部門であるIntriguingMysteriesは、不思議な活動の受信レポートを処理します。部門には事業単位テナントCXoneがあります。

興味をそそるミステリーへの呼びかけは、温暖な気候で増加します。Holmes Enterprisesは、その間、新MAX機能によってエージェントのパフォーマンスが中断されることを望んでいません。部門は、多忙なシーズンが終わるまで、MAXの春バージョンの使用を待ちたいと考えています。そうすれば、エージェントはすでに知っている秋のバージョンを引き続き使用できます。

興味をそそるミステリー管理者は、最初に設定メジャーリリースでMAXデフォルトを以前に設定し、エージェントごとのバージョン管理を許可MAXします。彼は、新機能をテストするために数人のベテランエージェントを選択し、個々のアカウント設定でMAXバージョンを変更します。これらの月の間に、選択されたエージェントは、MAXへの新しい更新に慣れます。管理者は、他のエージェントにトレーニングまたは準備が必要かどうかを判断できます。

MAX事業単位テナントの以前のバージョンを有効化

  1. アプリセレクターをクリックして、選択 ACD
  2. ACD設定 > ビジネスユニットに移動します。
  3. 詳細タブで、 編集をクリックします。
  4. MAX セクションで、 デフォルトMAXバージョンドロップダウンを展開し、 前へを選択します。
  5. 完了をクリックします。

個々のエージェントに対して以前のMAXバージョンを有効化

  1. アプリセレクターをクリックして、選択 ACD
  2. ACD設定 > ビジネスユニットに移動します。
  3. 詳細タブで、 編集をクリックします。
  4. MAXセクションで、エージェントごとのバージョン管理をMAX許可を有効にします。
  5. ACDアプリケーションで、ACD ユーザーをクリックします。

  6. 以前のMAXバージョンを使用するエージェントのプロファイルを見つけ、クリックして開きます。
  7. 連絡先の設定タブで、編集をクリックします
  8. MAXのセクションで、 前へ を選択し、 MAXバージョンを選択します。デフォルトを選択すると、エージェントのバージョンはデフォルトで事業単位設定になります。
  9. 完了をクリックします。

MAXでのカスタムワークスペースの設定

カスタムワークスペースでは、MAX内部にWebサイトが表示されます。これらは、複数のブラウザタブやウィンドウを管理する必要がなく、エージェントがMAX内で作業を完了するのに役立ちます。MAXがインラインフレームを使用してカスタムワークスペースを管理するため、指定するURLは、HTMLインラインフレーム要素(iframe)への埋め込みをサポートする必要があります。エージェントは、MAX設定でパネルを有効にするかどうかを制御します。オフは画面ポップを外部ブラウザページとして表示します。オンは、連絡先の横のMAX内に画面ポップを表示します。ポップされたウェブページは、MAX内で正しく表示されるために、iframe内での表示をサポートしている必要があることに注意してください。

カスタムワークスペースでは、MAX内部にWebサイトが表示されます。これらは、複数のブラウザタブやウィンドウを管理する必要がなく、エージェントがMAX内で作業を完了するのに役立ちます。

カスタムワークスペースは、テナント閉じた テクニカルサポート、請求、およびCXone環境のグローバル設定の管理に使用される高レベルの組織グループ用に構成されています。すべてのエージェントは同じものを見ています。最大3つのカスタムワークスペースを構成できます。

  1. アプリセレクターをクリックして、選択 ACD
  2. ACD設定 > ビジネスユニットに移動します。
  3. 詳細タブで、 編集をクリックします。下にスクロールしてセクションを見つけて、フィールド。エージェント設定セクションまでスクロールし、 カスタムワークスペース(最大3)フィールドを見つけます。
  4. カスタムワークスペースURLの追加をクリックします。
  5. ラベルフィールドに、CXone Agent EmbeddedMAXでエージェントに表示するリンクの表示名を入力します。
  6. URLフィールドに、ワークスペースで開くアドレスを入力または貼り付けます。
  7. URLをテストするには、プレビュー虫眼鏡が付いたWebページのアイコン。をクリックします。
  8. ページの一番上までスクロールして、完了をクリックします。