ライフサイクル管理

このページはAWS内のクラウドストレージ用です。Azureクラウドストレージを使用する場合は、Cloud Storage ServicesオンラインヘルプのAzureストレージのセクションを参照してください。

必須の権限ライフサイクル管理編集

ライフサイクル管理を使用すると、CXone Cloud Storage Servicesでファイルに発生する内容を決定できます。以下の内容を指定するルールを定義できます。

  • ファイルがアクティブストレージに留まる期間。
  • ファイルが削除されるか長期ストレージに移行するか。
  • ファイルが長期ストレージに留まる期間。
  • ファイルを、NICE CXoneが所有するあなた個人の安全な外部アクセス(SEA) ストレージバケットに移動またはコピーするかどうか。そこから、独自のストレージ場所に移動させることができます。このオプションは、ルールにアクティブストレージアクションを選択したときのみ表示されます

メディアタイプに対して、最大10まで、複数のルールを作成することができます。各ルールに対して、 スキル閉じた エージェントのスキル、能力、知識に基づいてインタラクションの配信を自動化するために使用されます、チーム、エージェント、 DNIS閉じた 着信音声通話のために連絡先がダイヤルした番号と、発信音声通話でエージェントまたはシステムがダイヤルした番号を識別します。、そして、そのためのライセンスを購入した場合は、ディスポジションに基づくフィルターを追加することができます。たとえば、特定のチームまたは一連のチームの通話録音を特定の日数保持するルールを作成し、他のチームの通話録音を即座に削除できます。ユーザーのカスタムルールのどれにも一致しない、すべてのファイルを管理するデフォルトルールがあります。

ライフサイクル管理ルールを注意深く計画します。ファイルがルールと一致すると、ファイルが削除されるまで、そのルールで永久に管理されるようになります。例外は、デフォルトルールと一致するファイルです。カスタムルールを編集することはできますが、変更内容は、変更を保存後にルールと一致するファイル、またはルールと一致していても未処理のファイルに対してのみ適用されます。

ライフサイクル管理の修正

Cloud Storage Servicesを使用すると、カスタムライフサイクル管理ルールの一部の内容を修正できます。どのルールがファイルを管理するかは変更できません。ファイルがルールと一致すると、ファイルがシステム内にある限りそのルールが管理します。例外は、デフォルトルールで管理されるファイルです。これらのファイルを再タグ付けして、カスタムルールに管理させることができます。

カスタムルールを編集すると、ルールと一致するファイルのライフサイクル管理を変更できます。一部の変更内容は既にルールにより管理されるファイルに影響を与えます。他の変更内容は、将来ルールと一致するファイルにのみ適用されます。以下の内容を変更できます。

ルールを非アクティブ化できますが、それらを再びアクティブ化することはできません。非アクティブ化されたルールを再開するには、新しいルールを作成する必要があります。非アクティブ化されたルールは、非アクティブ化される前のルールにタグ付けされたファイル全てを引き続き管理します。ルールの非アクティブ化後に作成されたファイルは、ルールでタグ付けされません。他のルールと一致しない場合、それらはデフォルトルールで管理されます。

CXoneは、非アクティブ化されたルールに割り当てられたファイルを処理しません。ライフサイクル管理ルールを安全に無効化するには、まず代替ルールを作成し、既存のルールを低優先度に移動する必要があります。古いルールに割り当てられたファイルの処理が終了したら、古いルールを無効にしても問題ありません。

デフォルトルールと再タグ付け

Cloud Storage Servicesには、他のどのルールとも一致しないときに、任意のサポート対象のメディアタイプの全てのファイルに適用されるデフォルトルールがあります。デフォルトルールには関連付けられたアクションがないため、デフォルトルールで管理されるファイルは削除またはアーカイブ化されません。それらはアクティブストレージに永久に残ります。

デフォルトルールは修正できませんが、現在デフォルトルールが管理するファイルに何が発生するかを変更することができます。ファイルが予想より長くアクティブストレージに置かれていることに気づいた場合、または予想より多くのファイルがアクティブストレージにある場合は、それらはデフォルトルールが管理している可能性があります。自分のルールとアクティブストレージ内のファイルを確認して、ファイルが他のルールと一致しない理由を判断します。

新しいカスタムルールを作成または既存のルールを修正して、ファイルがカスタムルールと一致しない理由に対処することができます。次に、デフォルトルールが現在管理しているファイルをCloud Storage Services再処理することができます。この処理では、これらのファイルをユーザーのカスタムルールと比較します。ルールと一致するようになった全てのファイルには、そのルールに従うために再タグ付けされます。

再タグ付けは現在デフォルトルールが管理しているファイルでのみ機能します。カスタムルールと照合済みのファイルの場合は、ルールを修正することができます。これにより、そのルールと一致するファイルのライフサイクル管理の一部の特徴を変更することができます。