カスタムストレージの場所

このページはAWS内のクラウドストレージ用です。Azureクラウドストレージを使用する場合は、Cloud Storage ServicesオンラインヘルプのAzureストレージのセクションを参照してください。

CXoneクラウドストレージは、 CXoneで使用できるもう一つのストレージオプションです。コンプライアンス上の理由から、 CXoneデフォルトのストレージを使用せず、独自のストレージにファイルを保存したい場合に有効なオプションです。カスタムストレージの使用が組織の適切なストレージメソッドかどうかの詳細については、CXoneアカウント担当者までお問い合わせください。

Cloud Storage Servicesは、クラウドストレージとして、あなた独自のAmazon Web Services (AWS) またはMicrosoft Azureの場所を使用することに対応しています。初めてカスタムストレージを設定する場合は、どちらのオプションも使用可能です。すでにカスタムストレージにAWSを使用されている場合は、Microsoft Azureに切り替えることはできません。Cloud Storage Servicesでカスタムストレージロケーションを使用する場合、利用できる機能には違いがあります。これらの違いを次の表に示します。

機能

CXone クラウドストレージ

カスタムストレージにAWSを使用

カスタムストレージにMicrosoft Azureを使用

ファイル名には連絡先IDが含まれます はい いいえ いいえ
Cloud Storage Servicesで管理されるTTLやその他のライフサイクル管理のルール。 はい いいえ いいえ
CXone内のファイル再生 はい もっぱらそうです もっぱらそうです
Cloud Storage Services安全な外部アクセス (SEA)の使用について はい いいえ いいえ
保存されたファイルは暗号化されます はい はい はい(Microsoft Azureを使用する場合、暗号化はお客様の責任でお願いします。)
ファイルの保留と解除ができること はい いいえ いいえ
複数の領域ストレージ はい いいえ いいえ

カスタムストレージを設定する前に

カスタムストレージを有効にする前に、インタラクションを保存する予定の場所の設定と構成が必要です。これは、AWS S3バケットまたはMicrosoft Azureストレージ場所にすることができます。Microsoft Azureは、Cloud Storage Servicesのカスタムストレージを初めて設定する場合のみ使用できます。

通話録音をカスタムストレージに保存する場合は、お客様のカスタムS3バケットにいくつかの必須ポリシーを設定する必要があります。ポリシーでは、クラウドストレージ APIを使用してカスタムバケットにCXoneファイルの保存やアクセスを許可する必要があります。必須ポリシーの詳細については、 CXoneアカウント担当者までお問い合わせください。

IAMバケットレベルのポリシーは変更しないこと。IAMポリシーの変更により、CXoneがカスタムストレージ場所へのファイル保存に失敗する場合があります。

CXoneのホストされた領域は異なるAWSリージョンにカスタムストレージをセットアップすることができます。ただし、FedRAMPを使用する場合は、規制要件に準拠するために、 CXoneホストされた領域と同じ領域にカスタムストレージ場所を作成する必要があります。

Microsoft Azureへのファイル送信に失敗した場合、ファイルはバックアップとしてCXoneクラウドストレージに保存されます。この場合、バックアップされたファイルはMicrosoft Azureに格納されているファイルとは別のリージョンに保存される可能性があります。

カスタムストレージとカスタムAWS KMSキーを一緒に使用することはできません。

保存されたファイルの暗号化

カスタムストレージの場所に保存されたファイルは暗号化されます。これにより、より高い安全性が実現されます。ただし、AWSまたはMicrosoft Azure 環境でファイルに直接アクセスしたり再生したりすることはできません。ファイルへのアクセスや再生には、CXoneを使用する必要があります。

AWSカスタムストレージの場所を使用する場合、暗号化はNICE CXoneが管理するAWS KMSを使用して行われます。Microsoft Azureのカスタムストレージの場所を使用する場合、ファイルの暗号化とセキュリティ、およびファイルの暗号化に使用されるアクセスキーはお客様側でご用意ください。

カスタムストレージ使用時のファイル名

カスタムストレージとデフォルトのクラウドストレージの場所では、ファイル名が異なります。デフォルトのクラウドストレージの場所に保存されたファイルは、作成日、エージェント、連絡先IDなどの識別情報を使用した規則に従って名前が付けられます。

カスタムストレージはこの規則をサポートしていません。これは、カスタムストレージへの移行プロセスの一環としてファイル名が暗号化されるためです。暗号化されたファイル名を特定の連絡先IDと照合することはできません。ファイルの内容に関する有用な情報を提供できない場合があります。ファイル名に連絡先IDを含める必要がある場合は、カスタムストレージではなくSecure External Access(SEA)の使用を検討してください。

カスタムストレージに関する重要な情報

  • CXoneのホストされた領域は異なるAWSリージョンにカスタムストレージをセットアップすることができます。ただし、FedRAMPを使用する場合は、規制要件に準拠するために、 CXoneホストされた領域と同じ領域にカスタムストレージ場所を作成する必要があります。

  • カスタムストレージとカスタムAWS KMSキーを一緒に使用することはできません。

  • カスタムストレージの場所を使用する際は、AWS S3バケットまたはMicrosoft Azureのセットアップ、メンテナンスおよび運用はあなたの責任になります。これには、あなたのMicrosoft Azureアカウントとアクセスキーが含まれます。さらに、Microsoft Azureカスタムストレージ用の保存ファイルの暗号化とセキュリティもお客様の責任とします。初期設定後に更新があった場合に備えて、Microsoft Azureカスタムストレージの最新のアクセス認証情報を有効にしておいてください。
  • カスタムストレージを有効にした後に作成されたすべてのファイルは、お客様のカスタムの場所に保存されます。カスタムストレージを無効にすると、その時点から作成されたすべてのファイルが既定のクラウドの場所に保存されます。
  • カスタムストレージとクラウドストレージとの間でファイルを移動することはできません。これには、アクティブおよび長期間クラウドストレージのファイルが含まれます。ストレージの場所をカスタムストレージに変更したり、クラウドストレージに戻した場合も、ファイルは保存された場所に残ります。このため、ファイルが異なる場所にある場合があります。
  • カスタムストレージを有効にした後、CXoneクラウドストレージ最初にカスタムストレージを無効にしない限り、 のライフサイクル管理ルールを変更することはできません。現在アクティブまたは長期間クラウドストレージにあるファイルがある場合は、カスタムストレージを有効にする前に、必要な方法でそれらのファイルを管理するルールがあることを確認します。

  • CXoneファイルサーバまたはクラウドストレージからの履歴ファイルは、カスタムストレージの場所に移動することはできません。