SNIPPET

This help page is for Desktop Studio.This information is also available for CXone Studio.

スクリプトにカスタムコードを追加できるようにします。

Dependencies

  • このアクションで使用するコードは、NICE CXoneによって開発された社内スクリプト言語でSnippetに記述する必要があります。スニペットのスクリプトの詳細については、Studioテクニカルリファレンスガイドを参照してください。
  • 動的データオブジェクトの属性に__type (アンダースコア2つ)という名前を付けることはできません。この単語は、ダイナミックオブジェクトからJSONを解析する時に使用するために用意されています。
  • Snippetアクションを使用してAPI通話を行うことができます。最大応答サイズは32 KBです。これは、REST APIアクションの応答サイズ制限と一致しています。この制限は、クラスターの不安定や停止を防ぐために厳密に適用されます。可能であれば、代わりにREST APIactionを使用してください。制限は同じですが、より高い負荷を処理できます。どうしてもSNIPPETアクションを使う必要がある場合、以下のヒントに従って、返されるデータのサイズを小さくします。
    • API応答のデータをフィルタリングします。たとえば、NICEレポーティングAPIを使用してコンタクトを取得している場合、コンタクトのstartDateendDateにより結果をフィルタリングできます。このAPIコールでは、アイテムのトップカウントを返したり制限したりすることもできます。どのようなフィルタリングを使用できるかを決めるには、スクリプト統合に付属のAPIのドキュメントを参照してください。

    • 必要なデータのみを返すようにAPIリクエストを更新します。たとえば、NICEレポーティングAPIを使用してコンタクトを取得する場合、contactIdまたはagentIdのフィールドを使用して、関連するデータのみを返すことができます。スクリプト統合に付属のAPIのドキュメントを参照して、使用できるデータ上限を決定します。

    • 上記のオプションのどちらも行うことができない場合は、ミドルウェアを構築します。

Supported Script Types

The icon for a Generic script type - a rectangle with < and > symbols inside it.

The icon for the Email script type - a large @ symbol in a diamond.

The icon for the Chat script type - a chat bubble with an ellipsis inside (...), in a diamond shape.

The icon for the Phone script type - an old-style phone handset with curved lines indicating sound coming out of it.

The icon for the Voicemail script type - a symbol that looks like a cassette tape - two circles sitting on a horizontal line.

The icon for the Work Item script type-a piece of paper with one corner folded down and a bullet list on it.

The icon for the SMS script type - a smart phone with a chat bubble coming out of it.

The icon for the Digital script type - a computer monitor with a smartphone next to it.

ジェネリック

Eメール チャット 電話 ボイスメール ワークアイテム SMS デジタル

Input Properties

これらのプロパティは、アクションが実行時に使用するデータを定義します。

プロパティ

説明

Caption

スクリプト内でこのアクションを一意に識別できる、短いフレーズを入力します。アクションアイコンにカーソルを合わせるとキャプションが表示されます。The default is the action name.

Data

Snippet Editorウィンドウで追加されたカスタムコードが含まれています。これには、複数のASSIGNおよびDYNAMICコマンド、各種フロー制御ステートメント、組み込みおよびユーザー定義の関数が含まれます。

MaxStringSize

Dataプロパティに、すべてのコマンドの最大文字列サイズを設定します。オプションは、Limit2KLimit4KLimit8KLimit16KLimit32Kです。この制限は、REST APIやSOAPとの統合レスポンスに適用されます。

Result Branch Conditions

結果の分岐条件を使用すると、アクションが実行されたときにさまざまな結果を処理できるように、スクリプトにブランチを作成できます。

状態

説明

Default

スクリプトが他のブランチのいずれかを取る必要がある条件を満たさない限り、パスが取られます。他のブランチが定義されていない場合にも使用されます。

OnError

アクションが正しく実行されなかったときにとられるパス。これは例えば、接続不良、構文エラーなど予期しない問題が発生した場合などです。_ERR変数に1つのアンダースコア文字がある場合、問題の簡潔な説明を入力する必要があります。

Tips & Tricks

Snippet Editor Window

The Snippet Editor window opens when you double-click on a Snippet action.

SnippetアクションのSnippet Editorウィンドウには2つのタブがあります。どちらのタブでも同じ種類のコードを作成できます。タブを切り替えて、どちらの場所でもコードを編集することができます。以下のタブがあります。

  • テキストビュータブ。これは自由記入のテキストフィールドです。コードを手作業で入力できます。
  • ツリービュータブ。これはコードの作成に使用できるグラフィカルインターフェイスです。このタブには、スニペットにステートメントを追加するためのキーワードを選択できるリストがあります。

Script Example

この例は完全なスクリプトではありません。このアクションを使用するには、追加のスクリプト作業が必要です。

In this simple example, the code in the Snippet is used to test whether a prospect can be created using information from a third-party system.

A script with two SNIPPET actions.

Download this script.