演奏する

対話の一部として1つ以上のオーディオファイルを再生します。これらは、事前に録音されたオーディオファイル、スクリプトで提供された値の音声合成(TTS)レンディション、またはこれらの組み合わせです。このアクションの一般的な使用例は、発信者へのメッセージを再生することです。たとえば、「XYZ Companyに電話していただき、ありがとうございます」または「品質保証のために電話が録音される場合があります」などです。

再生アクションを使用して、アクションシーケンスに変数を組み込むことにより、呼び出し元に情報を配信することもできます。たとえば、CRMまたは注文管理システムからデータを取り込むことにより、再生アクションを使用して、「{shipDate]に発送された{orderTotal}の合計で{orderTotal}の最近の注文」などの注文更新メッセージを作成できます。

Playでは、開始位置や再生時間を選択することはできませんが、DetectDTMFに設定されているときにDTMFが押されない限り、シーケンス全体が再生されます。エージェントは、このアクションで再生された内容を聞くことはできず、連絡先に音声を再生するだけです。また、このアクションは、onHoldイベントが発生しない限り、onAnswerの後で機能しません。

サポートされているオーディオファイルタイプ:

  • WAV(非圧縮)
    • ビットレート— 64 kbps
    • オーディオサンプルサイズ— 8ビット
    • チャネル— 1(モノ)
    • オーディオサンプルレート— 8 kHz
    • オーディオ形式— CCITTμ-Law

サポートされているスクリプトタイプ

電話

プロパティ

プロパティ 細部

シーケンス

アクションによって再生されるオーディオファイル(事前に録音されたものまたはTTS)の順序を決定します。フィールドに値を直接入力するか、アクションアイコンをダブルクリックしてプロンプトマネージャー(再生のプロパティダイアログとも呼ばれます)を使用できます。TTSには300文字の制限があることに注意してください。

TTSを使用するための複数のオプションがあります。正確なテキストを指定できます。

"%Sales Call"

同様に、話すテキストの文字列を含む変数を入力できます。

"{AgentWhisper}"

この場合、目的の文字列がパーセント記号で変数に割り当てられていることを確認してください。

AgentWhisper = "%TechnicalSupport"

フレーズ シーケンス内の各ファイルの内容を定義します。たとえば、単一の録音済みファイルを「あなたの通話が録音される可能性があります...」メッセージに使用できます。より複雑なメッセージには、事前に録音されたファイルに続いてPlay Numbers形式の変数、TTSを使用して作成されたファイル、Play Money形式の変数、別の録音済みファイル、最後にPlay Date形式の変数が含まれる場合があります。単純な値の場合は、フィールドに情報を直接入力できます。より複雑な値、TTSを使用する値、またはその両方の場合は、アクションをダブルクリックしてプロンプトマネージャーを使用します。
ClearDigits 連絡先が電話のキーパッドのキーを押すと、生成されたDTMFトーンがバッファに保存されます。ClearDigitsプロパティが(デフォルト値)に設定されている場合、アクションが開始するとそのバッファーはクリアされます。それ以外の場合、キーの押下が以前のアクションに関連付けられていても、アクションはすぐにDTMFトーンを検出し、OnDigitまたはOnDTMFブランチを呼び出します。
DetectDTMF アクションの実行中にDTMF閉まっている ユーザーが電話のキーパッドのキーを押すかタップしたときに生成される信号音。トーンを処理するかどうかを決定します。デフォルト値はで、連絡先がキーを押してスクリプトのOnDigitまたはOnDTMFブランチがトリガーされた場合、DTMFトーンが処理されます。値がに設定されている場合、連絡先がキーを押してもDTMFトーンは処理されません。たとえば、連絡先がキューに入れられた時点で、「エージェントがすぐに応答いたします。キューを離れるにはいつでも、スターキーを押してください。」OnDigitまたはOnDTMFブランチは、ボイスメールメッセージを残すオプションを連絡先に提供する場合があります。

ブランチ

ブランチ 細部

デフォルト

スクリプトが他のブランチの1つをとる必要がある条件を満たさない限り、パスが取られます。他のブランチが定義されていない場合にも使用されます。
OnDigit DTMF検出がに設定されており、アクション中に連絡先がキーを押した場合のパス。

ヒントとコツ

  • コンタクトセンターエージェントは再生アクションを聞くことができません。
  • 発信者とエージェントの両方にメッセージを流したい場合は、ささやきアクションを使用します。
  • TTSには300文字の制限があります。

同様のソリューション

MusicPlayPlaylog 、およびWhisperは、さまざまなシナリオで最もよく使用される同様のアクションです。変数の使用を含むTTS機能

  • 変数の使用を含むTTS機能
  • エージェント、連絡先、またはその両方が再生内容を聞くことができる場合
  • エージェント、連絡先、またはその両方が再生内容を聞くことができる場合
  • 主な違いは次のとおりです。
  • カスタムまたはCXone -提供されたWAVファイル

再生を使用した電話スクリプトの例

再生はさまざまな方法で使用できます。この例では、 営業時間プロファイルは、会社が営業、休業、休日のいずれであるかを決定します。閉じている場合は、1つのメッセージが再生されます。休日であれば、別のメッセージが再生されます。開いている場合、エージェントが要求されます。

このスクリプトをダウンロードしますか?