MCR Meta Data

This help page is for Desktop Studio.This information is also available for CXone Studio.

MCR Meta Data action icon.

スクリプトが通話中にメタデータをCXoneの録音ビジネスデータフィールドに渡せるようにします。これにより、インタラクションのメタデータを充実させ、録音をより検索しやすくし、より微妙なクオリティプランを作成することなどが可能になります。

このアクションは、ダイナミックデータオブジェクトからメタデータをキーと値のペアとして受け取り、CXone録音に渡します。SNIPPETアクションを使用して、渡したいメタデータを含めるオブジェクトを作成します。このページのサンプルスクリプトを参照してください。必ずCXoneで作成したビジネスデータフィールドと同じ名前を使用してください。

また、ビジネスデータAPIを使って録音メタデータを充実させることもできます。APIとこのアクションは並列して機能します。重要な違いは、アクティブなコールの外では、アクションでデータをプッシュできない点です。

 

Dependencies

  • このアクションは、ライブコール中に実行されるようにスクリプトに配置する必要があります。コールの終了後に実行された場合は機能しません。

  • 終了したコールに関するデータをプッシュしたい場合は、ビジネスデータAPIを使用する必要があります。

Supported Script Types

The icon for the Phone script type - an old-style phone handset with curved lines indicating sound coming out of it.

電話

Input Properties

これらのプロパティは、アクションが実行時に使用するデータを定義します。

プロパティ

説明

を追加

スクリプト内でこのアクションを一意に識別できる、短いフレーズを入力します。アクションアイコンにカーソルを合わせるとキャプションが表示されます。The default is the action name.

Key Value Pairs どのDynamicDataオブジェクトのメタデータを取得してCXoneレコーダーに渡すかを決定します。メタデータは、Snippetアクション内のDynamicDataオブジェクトでキーと値のペアとして定義する必要があります。

Result Branch Conditions

結果の分岐条件を使用すると、アクションが実行されたときにさまざまな結果を処理できるように、スクリプトにブランチを作成できます。

状態

説明

Default

スクリプトが他のブランチのいずれかを取る必要がある条件を満たさない限り、パスが取られます。他のブランチが定義されていない場合にも使用されます。

Script Example

この例は完全なスクリプトではありません。このアクションを使用するには、追加のスクリプト作業が必要です。

n this example script, after the call is answered, the Snippet action creates a DynamicData object with several custom fields and passes the dynamic object to MCR Meta Data. Then, when the call disconnects, MCR Meta Data passes these custom fields to CXone Recording to be included as metadata with the recording.

Would you like to download this script?