データダウンロード

データダウンロードレポートを使用すると、CXoneから生データを直接取得できます。生データにアクセスすると、必要に応じてデータを変更したり、ピボットテーブルレポートを作成したりできます。これらのレポートは、CXone APIを使用する代わりに使用でき、スプレッドシートが必要な場合に特に便利です。

データダウンロードレポートに関する重要情報

  • データの表示形式については、コンマ区切り、タブ区切り、XML形式のいずれかを選択できます。
  • データのダウンロードには、事前に定義されたデータセットを取得する多くのデフォルトレポートが用意されています。カスタムデータダウンロードレポートを作成する場合は、 CXoneアカウント担当者にお問い合わせください。
  • これらのレポートはオンデマンドで手動で実行することも、レポートを自動的に実行するスケジュールを作成することもできます。スケジュールは、レポートを1回だけ実行することも、スケジュールで繰り返し実行することもできます。
  • CXoneアカウント担当者に連絡して、一度に1人のユーザーが1つのユニークなデータダウンロードテンプレートIDを実行できるようにテナントを設定できます。これにより、データダウンロードのレポートがより速く実行できるようになります。有効にすると、ユーザーは一時的にデータダウンロードレポートの実行をブロックされる可能性があります。
  • レポートスケジュールを構成するときは、レポートを受信する内部のCXoneユーザーか、またはCXoneの外部のメールアドレスを選択できます。
  • ユーザーのロールで、これらのレポートからのデータの可視性を制限することはできません。
  • 各データダウンロードスケジュールには、スケジュールに加えられた変更履歴を表示する監査履歴タブがあります。監査履歴テーブルは大きくなる可能性があるため、検索ツールとフィルターツールを使用して、特定の変更を特定できます。
  • CXoneは、25ヶ月分のデータダウンロードレポートデータを保存します。

システムによって生成されたCXoneからのEメールを受信するには、メールサーバーで適切なFQDN閉じた Fully Qualified Domain Names(完全修飾ドメイン名)は、絶対ドメイン名とも呼ばれ、ドメインネームシステムのツリー階層内の位置を省略せずにすべて指定したドメイン名です。トップレベルドメインとルートゾーンを含む、すべてのドメインレベルを指定します。とIPアドレスが許可されており、送信者のSPF閉じた Sender Policy Framework(SPF)は、送信者と受信者をスパム、スプーフィング、フィッシングから保護するための電子メール認証規格です。SPFレコードをDomain Name System(DNS)に追加することで、お客様のドメインからの電子メールの送信を承認された送信者のパブリックリストを提供できるようになります。レコードに追加されていることを確認してください。これらは、あなたの地域やCXone設定によって異なります。ポートページとプラットフォーム要件セクションに、必要な情報が含まれています。システムで生成されるメールの例は次のとおりです:

  • メール送信されるレポート
  • チャットのトランスクリプト
  • システム通知
  • メールチャネルのメール

サポートされていない文字

次の文字は、データダウンロードレポートではサポートされていません。

DE-ドイツ語の文字(Ää、Öö、Üü、ß)

ES-スペイン語の文字(Áá、Éé、Íí、Óó、Úú、ü、Ññ、¿、¡)

FR-フランス語の文字(Ââ、Ää、Èè、Éé、Êê、Ëë、Îî、Ïï、Ôô、Œœ、Ùù、Ûû、Üü、Ÿÿ、Çç)

IT-イタリア語の文字(Àà、Áá、Èè、Éé、Ìì、Íí、Òò、Óó、Ùù、Úú)

PT-ポルトガル語の文字(Àà、Áá、Ââ、Ãã、Éé、Êê、Íí、Óó、Ôô、Õõ、Úú、Üü、Çç)

その他-Ēē、Şş、Ææ、Åå、Ğğ、Øø、ÿ

そして、すべての特殊文字:

JA-日本語、KO-韓国語、RU-ロシア語、zh-CN-中国語