Runsub

Runsubアクションアイコン。カールした紙で、上下の横にある右向きの2つの矢印が付いています。

実行された後、戻るを使用してメインスクリプトに戻り、実行を継続する添え字を呼び出します

RunscriptRunsubは似ていますが、機能が少し異なります。Runscriptが添え字をトリガーすると、添え字から最初のスクリプトに戻る方法はありません。Runsubが添え字をトリガーすると、添え字にReturnアクションがある限り、スクリプトは最初のスクリプトに戻ることができます。Returnアクションは、添え字が終了したときにRunsubアクションに値を返します。

サポートされているスクリプトタイプ

ジェネリックスクリプトタイプのアイコン-内部に<および>記号が付いた長方形。 Eメールスクリプトタイプのアイコン-ひし形の大きな@記号。 チャットスクリプトタイプのアイコン-ひし形の省略記号が内側にあるチャットバブル(...)。 電話スクリプトタイプのアイコン-そこから出てくる音を示す曲線のある古いスタイルの電話受話器。 Voicemailスクリプトタイプのアイコン(カセットテープのように見える記号)は、水平線上にある2つの円です。 作業項目スクリプトタイプのアイコン-片方の角が折りたたまれ、箇条書きが記載された一枚の紙。 SMSスクリプトタイプのアイコン-チャットバブルが出ているスマートフォン。 デジタルスクリプトタイプのアイコン-スマートフォンが横にあるコンピューターモニター。
一般的 Eメール チャット 電話 ボイスメール 作業項目 SMS デジタル

プロパティ

プロパティ 細部
ScriptName 生成するスクリプト。アクションのプロパティボックスの上部にあるスクリプトの選択リンクをクリックして、テナント用に保存されているスクリプトを選択できます。
ReturnVariable メインスクリプトに返される値は、このプロパティに格納されます。複数の値を渡すには、変数として配列を使用します。
パラメータ 新しく生成されたスクリプトに送信するパラメーター(09)を入力します。スクリプトをトレースするとき、これらのパラメーターは新しく生成されたスクリプトの開始アクションに表示されます。トレース出力では、パラメーターは名前列でp1からpnnはパラメーター数)として名前が付けられ、実際の変数名は列にあります。エディターでパラメーターを1行に1つずつ入力します。エディターでパラメーターを追加した後、パラメーターフィールドを展開して、以前に入力した各パラメーターを表示できます。

ブランチ

ブランチ 細部

デフォルト

スクリプトが他のブランチの1つをとる必要がある条件を満たさない限り、パスが取られます。他のブランチが定義されていない場合にも使用されます。
OnError アクションが正しく実行されなかったときにとられるパス。

ヒントとコツ

  • このアクションは、小さなスクリプトに分割したい1つ以上の大きなスクリプトがある場合に特に役立ちます。
  • 添え字が実行されると、 value アクションの ReturnValueReturn プロパティに値が格納され、メインスクリプトの ReturnVariable プロパティにその値が返されます。
  • メインスクリプトタイプとサブスクリプトタイプは同じである必要があります。たとえば、メインスクリプトが電話スクリプトである場合、サブスクリプトも電話スクリプトである必要があります。
  • メインスクリプトにRunsubアクションを配置する場合、サブスクリプトにはReturnアクションが必要です。
  • メインスクリプトとサブスクリプトは同じフォルダにある必要があります。
  • Runsubはメインスクリプトから下付き文字に複数の変数を渡すことができますが、下付き文字は(ReturnVariableプロパティの)1つの値のみをメインスクリプトに返すことができます。
  • 下付き文字で定義された変数は、下付き文字が終了すると使用できなくなります。

Runsubを使用する電話スクリプトの例

以下のメインスクリプト(上に表示)で、スクリプトがトリガーされると、Runsubアクションはすぐにサブスクリプト(下に表示)をトリガーします。添え字では、Voiceparamsが音声合成の設定を設定し、時間アクションが営業時間、閉店時間、休日のブランチを3つの異なる戻るアクションに設定します。下付き文字が完了すると、ReturnValuesプロパティの値(Returnアクション内)がReturnVariableフィールドに格納されます(メインスクリプトのRunsubアクション)。次に、Caseアクションは、必要に応じて、オープン、クローズ、およびホリデーブランチを設定します。

メインスクリプト

矢印で接続されたStudioアクションを示すサンプルスクリプト。各アクションの下には、アクションがスクリプトで何をするかを示すラベルがあります。

このスクリプトをダウンロードしますか?

サブスクリプト

矢印で接続されたStudioアクションを示すサンプルスクリプト。各アクションの下には、アクションがスクリプトで何をするかを示すラベルがあります。

Return ReturnValue プロパティ値を提供するため、メインスクリプトのCaseアクションは、どのブランチをたどるかを決定できます。

このスクリプトをダウンロードしますか?