連絡先履歴レポート

レポートソース:DW

レポートの更新率:10秒

連絡先履歴レポートは、選択した時間枠で処理された連絡先の詳細なリストを提供します。レポートのデフォルトは当日です。このレポートは56ページの連絡先に制限されています。

このレポートは20分後にタイムアウトします。

検索ボックスに連絡先ID閉まっている 各連絡先に割り当てられた一意の数値識別子。またはマスター連絡先ID閉まっている 1つ以上の関連する連絡先のマスターIDまたは親ID。連絡先が3回以上転送された場合、新しいマスター連絡先IDが割り当てられます。を入力して、日付で連絡先を検索したり、特定のインタラクションを検索したりできます。個々の連絡先をクリックすると、[連絡先の詳細]ウィンドウが開きます。

非圧縮通話は直接再生できますが、圧縮通話は再生する前にダウンロードする必要があります。圧縮された通話はMP3ファイルとしてダウンロードされます。

カラム

以下のすべてのフィールドがデフォルトでplatformインターフェイスに表示されるわけではありません。拡張データの表示をクリックし、オプションの適用をクリックしてから、レポートデータをExcelスプレッドシートにエクスポートすると、以下に説明するすべてのフィールドが表示されます。

カラム 説明
連絡先ID 連絡先ID閉まっている 各連絡先に割り当てられた一意の数値識別子。は連絡先詳細レポートを開くハイパーリンクです。
メディアタイプ メディアタイプ閉まっている 連絡先が意図した受信者と接続するための、音声、Eメール、チャットなどの媒体。連絡先(電話、Eメール、チャット、ボイスメールなど)によって使用されます。
スキル ACD スキル閉まっている エージェントのスキル、能力、知識に基づいてインタラクションの配信を自動化するために使用されますは連絡先が終了したときに連絡先に関連付けられました。
エージェント 連絡先を処理したエージェントのエージェントID。
チーム 連絡先を処理したエージェントが割り当てられているチームのID。
DNIS / To DNIS閉まっている 着信音声通話のために連絡先がダイヤルした番号と、発信音声通話でエージェントまたはシステムがダイヤルした番号を識別します。 (または顧客が電話をかける連絡先の電話番号)または顧客が連絡したEメールアドレス。
ANI/From 顧客が使用したANI閉まっている 発信者IDとも呼ばれます。着信音声通話のリストされた電話番号。または送信元Eメールアドレス
電話タイプ 固定電話またはセル。
開始時間 連絡が開始された日時。
期間 特定の連絡先のすべての連絡先状態の時間の合計。連絡先の状態は、PreQueue、InQueue、Callback、Activeなどの状態で構成できます。このフィールドはHH:MM:SSでフォーマットされています。
記録 連絡先が記録されたことを示すインジケータ。連絡先が記録されている場合は、連絡先詳細レポートで連絡先を聞いて表示できます。
一次性質 連絡先の最終ディスポジション閉まっている 対話が終了したときにエージェントまたはシステムが連絡先に割り当てる結果。を表示します。
連絡タイプ

0 =元の連絡先

1 =スキル転送

2 =エージェントの転送

3 =コンサルト転送

4 =引継ぎ

調査 担当者が調査モジュールを使用して調査を完了したかどうかを示すインジケーター。
得点 連絡先が品質管理モジュールでスコアリングされたかどうかを示すインジケーター。
時間を拒否 拒否が発生した時刻。
拒否理由 接触が拒否された理由
ルーティング 連絡先がルーティング状態に入った回数。
アクティブ 連絡先がアクティブ状態になった回数。
保留 連絡先が保留状態になった回数。
Busy 連絡先がビジー状態になった回数。
発信 発信連絡を示すフラグ。
転送 転送された連絡先を示すフラグ。
放棄 連絡先が放棄されたことを示すフラグ。
短期間放棄 連絡先が短時間放棄されたことを示すフラグ。
ダイヤルエラー 連絡先でダイヤルエラーが発生したことを示すフラグ。
Callback 連絡先がコールバック閉まっている 顧客の順番を待ち行列に入れ、順番待ちの前に移動すると自動的に顧客に電話をかけます。状態に入った回数。
キュー後 連絡先がPostQueue状態に入った回数。
その他 連絡先がその他の状態になった回数。
スクリプト名 連絡先が IVR閉まっている 発信者が音声コマンド、キー入力、またはその両方を介して対話し、情報を取得したり、着信音声通話をルーティングしたり、あるいはその両方を行うことができる自動電話メニュー。でルーティングしたスクリプトの名前
原因コード テレフォニーネットワークの通話完了コードに対応します。
固定電話と携帯電話 通話が固定電話と携帯電話のどちらから発信されたかを示します。
タグ MAXを使用してエージェントによって連絡先に適用されたタグのカンマ区切りリスト。

連絡先詳細ページ

特定の連絡先に関する詳細は、連絡先履歴レポートリストの連絡先IDをクリックして表示できます。

このページから、録音された通話、チャット、およびSMSメッセージを取得できます。チャットとSMSのトランスクリプトを表示し、チャットのトランスクリプトを手動で削除することもできます。ファイルがアクティブなストレージにまだ存在している限り、このレポートからトランスクリプトと通話録音を利用できます。ファイルがSEA(安全な外部アクセス)または外部ストレージに移動されると、このレポートからファイルにアクセスできなくなります。

カラム

カラム 説明
ID 連絡先ID閉まっている 各連絡先に割り当てられた一意の数値識別子。は連絡先詳細レポートを開くハイパーリンクです。
マスターID 1つ以上の関連する連絡先のマスターIDまたは親ID。
メディア メディアタイプ閉まっている 連絡先が意図した受信者と接続するための、音声、Eメール、チャットなどの媒体。連絡先(電話、Eメール、チャット、ボイスメールなど)によって使用されます。
DNIS DNIS閉まっている 着信音声通話のために連絡先がダイヤルした番号と、発信音声通話でエージェントまたはシステムがダイヤルした番号を識別します。 (または顧客が電話をかける連絡先の電話番号)または顧客が連絡したEメールアドレス。
スキル ACD スキル閉まっている エージェントのスキル、能力、知識に基づいてインタラクションの配信を自動化するために使用されますは連絡先が終了したときに連絡先に関連付けられました。
ANI 顧客が使用したANI閉まっている 発信者IDとも呼ばれます。着信音声通話のリストされた電話番号。または送信元Eメールアドレス
エージェント 連絡先を処理したエージェントのエージェントID。
開始時間 連絡が開始された日時。
チーム 連絡先を処理したエージェントが割り当てられているチームのID。
期間 特定の連絡先のすべての連絡先状態の時間の合計。連絡先の状態は、PreQueue、InQueue、Callback、Activeなどの状態で構成できます。このフィールドはHH:MM:SSでフォーマットされています。
一次性質 連絡先の最終ディスポジション閉まっている 対話が終了したときにエージェントまたはシステムが連絡先に割り当てる結果。を表示します。
タグ MAXを使用してエージェントによって連絡先に適用されたタグのカンマ区切りリスト。

お問い合わせの理由

次の表に、連絡先の終了理由の説明を示します。これは、連絡先履歴レポートの連絡先IDをクリックして、連絡先の詳細を読み込むことで表示できます。

ID お問い合わせの理由 説明
1 内部で終了したWI 作業項目閉まっている Studioスクリプトを介してエージェントに連絡先を配信するカスタマイズ可能な方法。が内部で終了
2 外部で終了したWI 作業項目閉まっている Studioスクリプトを介してエージェントに連絡先を配信するカスタマイズ可能な方法。はシステムの外部で終了しました
3 連絡先が切断/電話が切断 発信者は電話を切りました
4 エージェントの電話が切断されました エージェントは電話を物理的に切って通話を終了しました
5 エージェントハングアップ エージェントがエージェントアプリケーションで通話を終了しました
6 CauseCodeで発信通話が失敗しました 発信通話が接続できませんでした(応答なし、ビジー、エラー)
7 発信通話スクリプトが中断されました スクリプトは発信を開始しましたが、中断されました
8 発信通話ピアの切断 接続しているレッグ閉まっている ルーター、ゲートウェイ、またはテレフォニーデバイス間を接続する通話のアクティブな部分。が切断されました
9 発信通話の無応答タイムアウト システムはリンギングのために事前設定されたタイムアウトに達しました
10 発信通話のメディアサーバー容量なし このコードはまれです。それはplatformの容量がなくなり、通話を発信できないことを意味します
11 発信通話のプリリンクエラー リンクされる前に通話にエラーがありました
12 AMD中に電話を切断 留守番電話検出中にユーザーが電話を切断
13 発信通話ビジー 結果の回線はビジーでした
14 発信通話の無効な番号 ダイヤルした番号は無効でした
15 発信電話番号が変更されました ダイヤルした番号が変更されました
16 発信通話ネットワークがビジーです 番号がダイヤルされてビジーでした
17 発信通話エラー これは発信エラーの一般的なエラーです
18 コールブラインド転送 通話はスクリプトによってブラインド転送されました
19 切断された発信電話番号 呼び出された番号は切断されています
20 エンドチャット-常連客 常連客はチャットセッションを終了しました
21 チャット終了-エージェント エージェントがチャットセッションを終了しました
22 チャット終了-システム(タイムアウト) システムがチャットセッションを終了しました
23 レポートまたはスクリプトによる管理者の終了 管理者ユーザーは、ダッシュボード、レポート、またはスーパーバイザー
24 スクリプトを介して電話を切る 連絡先がスクリプトオプションを選択して通話を終了しました