POCプロビジョニング

POCプロビジョニングは顧客に代わって、またはその両方で、独自のテナントの新しいDID(直通ダイヤル)、フリーダイヤル、仮想、および国際番号を作成できます。このツールは、次の手順を自動化します。

  • Salesforceでケースを開きます。
  • NICE CXone課金システムでテナントに提供されたCloudConnect番号を割り当てるプロセスを開始します。これにより、番号の費用が割り当てられたテナントに確実に請求されます。
  • 番号をプロビジョニングするプロセスを完了します。

番号がプロビジョニングされると、ユーザー(または顧客管理者)はCXoneで連絡先(POC)を作成し、組織の番号の使用を開始できます。

Classics、Inc.はCXoneパートナーであり、自社の顧客のテナントを管理しています。Classicsの管理者であるアンソニーデューハーストは、顧客、The League of the Scarlet Pimpernelにいくつかの新しいフリーダイヤル番号をプロビジョニングする必要があります。彼はPOCプロビジョニングを使用してプロビジョニングプロセスを自動化します。番号がプロビジョニングされると、彼は顧客管理者であるファーレイと協力して連絡先を設定します。

デューハーストはまた、フランスのパリにオフィスを開設するClassics向けにいくつかの新しい国際番号をプロビジョニングする必要があります。彼はそのためにPOCプロビジョニングを使用しますが、顧客の番号と同じファイルにリクエストを作成することはできません。

POCプロビジョニングについての重要情報

  • POCプロビジョニングPartnerHubの一部であり、CXone担当者がテナントに対して有効にする必要があります。このツールを使用するには、組織が独自のサポートを処理することを認定されている必要があります。
  • POCプロビジョニングを使用するには、役割で次の権限を有効にする必要があります。
    • PartnerHub
    • POCプロビジョニング

    これらの権限は、 CXone代表。

  • POCプロビジョニングは現在、パートナー経由で購入したCloudConnect番号でのみサポートされています。POCプロビジョニングから購入したCloudConnect番号にはNICE CXoneを使用できません。
  • リクエストごとに最大50個の番号をプロビジョニングできます。
  • 同じファイル内で複数のテナントに対するリクエストを組み合わせることはできません。
  • リクエストの進行状況をPOCプロビジョニングapplication自体で監視できます。各プロビジョニングリクエストには、Salesforceのケース番号が記載されています。CXoneパートナーの担当者とリクエストについて連絡するには、この番号が必要になります。
  • POCプロビジョニングはリクエストファイルを検証して、すべてのフィールドを正しくフォーマットして入力したことを確認します。アプリケーションは、テナントNICE CXoneACD、Salesforce、およびapplication課金システムに対して、要求した番号も検証します。重複するリクエストは拒否されます。
  • リクエストがACDに対する検証に失敗した場合は、これを確認してログを確認し、問題を修正する方法を判断できます。Salesforceまたは請求システムに対して検証が失敗した場合、CXoneサポートチームのケースが自動的に開かれます。