CXoneアテンダント

CXoneアテンダントは電話システムの不在ステータス用のツールです。これにより、電話に出られない場合に、発信者をバックアップユーザーまたは代替電話番号に転送できます。CXoneアテンダントは通話転送と、発信者が話す必要のある人または部門に到達するためにアクセスできる企業ディレクトリを使用できます。組織でこのオプションを使用している場合は、ボイスメール管理も提供します。

完了できるタスクCXoneアテンダント組織が使用する機能によって異なります。実行できるタスクは、組織が使用する機能によって異なります。自分の状態を 不在 に変更したり、不在時に電話に出るようにバックアップ ユーザーを設定したり、新しいメッセージや不在着信についてシステムが通知する方法を変更したりできます。CXoneアテンダントはボイスメールメッセージを管理できます。聞いたり、削除したり、コピーをメールに送信したり、組織内の他の人に転送したりできます。システムの設定によっては、電話でボイスメールメッセージにアクセスできる場合もあります。

CXoneアテンダント内で自動音声認識(ASR)機能を使用できます。これにより、発信者は名前を言ったり、名前を綴ったり、内線番号を言ったりして、目的の相手に連絡できます。

CXoneアテンダントは定期的に自動的に更新されます。エラーが発生する可能性があるため、ブラウザで更新をクリックしないでください。

不在ステータスと通話転送

管理者が有効にしている場合は、ステータスを不在に設定できます。このオプションを有効にすると、ステータスを無期限に不在に設定し、戻ったときに手動でステータスを不在に戻すことができます。代わりに、不在の日付の範囲を定義することができ、その時間の終わりにステータスが自動的に在宅に戻ります。

ステータスを不在に変更すると、バックアップとして別の人を選択して、不在中に電話をかけることができます。その間に着信したすべての通話は、バックアップユーザーに転送されます。ステータスを変更するときはいつでも、バックアップとして任意のユーザーを指定できます。デフォルトは、システム管理者によってすでに構成されている場合があります。

ロールオーバーを呼び出す

通話のロールオーバーとは、プライマリ番号に応答がなかった場合に、システムがセカンダリ電話番号にコールをルーティングすることを意味します。二次番号は、たとえば、携帯電話または自宅の電話である可能性があります。

通話ロールオーバーが機能する前に、管理者がユーザーごとに構成する必要があります。アカウントが通話ロールオーバー用に構成された後、プライマリ番号で通話に応答しない場合、通話はアカウントのセカンダリ番号に自動的にロールオーバーされます。CXoneアテンダントでそれを機能させるために何もする必要はありません。通話のロールオーバーがあるかどうかについて質問がある場合は、システム管理者に問い合わせてください。

ユーザーの偽装

管理者は、別のCXoneアテンダントユーザーのアカウントにアクセスする必要がある場合があります。たとえば、エージェントが休暇を取る前にステータスを不在に設定するのを忘れた場合、管理者は自分のアカウントにアクセスしてアカウントを変更できます。これは偽装と呼ばれ、CXoneアテンダント管理者のみが使用できるオプションです。

管理者が別のユーザーになりすます場合、その理由を提供する必要があります。なりすましの名前となりすましているユーザーが画面の上部に表示されます。監査の目的で、これはログファイルに記録されます。